読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念ライブ2008.08.23①

ブログ

日産スタジア ム23日武志といってきました。終始小雨模様で、打ち上げ花火ができなかった(と桑田が言っていた)らしいけど、ライブは最高でした。あ れだけやってくれれば言うことはありません。

 

以下23日の セットリストとレポートです。

1.YOU

2.ミスブランニューデイ

3.Love Affair~秘密のデー ト 

●オープニン グはなんの演出もなく、普通に出てきて、普通にはじまりました。でも1曲目の“YOU” にはまた意表をつかれました。サビの“I remember you!”というフ レーズで「ああ、これが言いたくて1曲目に持ってきたのか。」とすでにウルウル状態。「ブランニューデイ」も「Love Affair」もお馴染みの曲で、リラックスしてノレる感じです。

 

MC 「今日のコンセプトは『いつものサザン』です。サザンとしてはしばらく会えないと思うの で、よくまぶたに焼きつけといてください」

 

※メドレー (ほぼ1コーラスずつ)「青山通りから鎌倉まで」

4.女呼んでブギ 

5.いとしのフィート  (以上「熱い胸さわぎ」)

6.お願いDJ 

7.奥歯をくいしばれ 

8.ラチエン通りのシスター(以上「10ナ ンバーズからっと」)

●このあたり からM24♪メロディまでは1コーラスずつのメドレー。明らかにアルバム単位で古 い方からやってます。♪いとしのフィート、♪お願いDJ、♪ラチエン通りあたりは 自分としてはライブ初体験。♪奥歯をくいしばれなんかはビックリ!同時に82年の 「ヌードマン」のツアーとかを思い出して、いや~なつかしい!

 

9.To you

10.C調言葉に御用 心

11.働けロックバンド

12.松田の子守歌(以上「TINY BUBBLES」)

●♪To Youは初めて。♪C調言葉も久しぶりで感動したけど、♪働け ロックバンドと♪松田の子守唄にはびっくり!松田の子守唄感動した~♪

 

13.Hello my love

14.朝方ムーンライト(以上「ステレオ太陽族」)

●出た!♪Hello my love81年 のツアー(自分的にサザン初ライブ)以来!思わず高校~大学の頃のいろんなことを思い出します。

 

15.思い出のスターダスト

16.夏をあきらめて

17.oh!クラウディア (以上“NUDE MAN”)

18.東京シャッフル(シングルのみ)

19.そんなヒロシに騙されて(綺麗)

20.あっという間の夢のtonight

21.メリケン情緒は涙のカラー(以上「人気者でいこう」)

●このあたり もそれぞれ発表当時のライブで聞いたことあるけど、それ以来はほとんど聞いたことない曲ばかりで、その時その時のライブを思い出し、目の 前でライブをやっているのに、頭の中には昔のライブが次々とよみがえって、いくつものライブを同時に体験しているような、デ・ジャ・ヴュ のような不思議な感動に浸ります。特に♪メリケン情緒あたりはまったく考えていなかったのでうれしかったです。

 

22.

23.BYE BYE MY LOVE

24.メロディ(以上“KAMAKURA”)

●♪顔もなつ かしいですね~。♪BYE BYE~は最近のライブでもおなじみ。♪メロディもひ さしぶりで、♪BYE BYE~♪メロディはこのメドレーコーナーのクライマック スでしたね。感動。やっぱ♪メロディっていい曲やね~。

 

MC  メンバー紹介

※鎌倉・由 比ヶ浜からキラーストリートを経由して

25.愛の言霊

26.シュラバ★ラ★バンバ

27.爆笑アイランド

28.ごめんよ僕がバカだった

29.ロックンロールスーパーマン

●前のパート とはガラリと変わって、こんどはガンガン攻めてくるような曲で会場を一気にはじけさせます。♪言霊は99年以来ライブでは聞いてないので今回ぜひ聞きたかった1曲。うれしかった。♪シュラ バ~は大好きなんだけど最近のライブではほとんどやっていないので、今回もやると思っていませんでした。最高にうれしかった。ノリノリで す。♪爆笑~は日本の政治をアイロニーたっぷりに歌った曲で、歌詞を一部現代風に変えて歌っていて、楽しめました。♪僕バカと♪スーパー マンは言わずとしれた05年のアルバム「キラーストリート」の代表作で、特に♪ スーパーマンはすべてのサザンの曲の中でも非常に重要な1曲。もうライブには欠かせない曲になっています。05年のドームツアーではドームの天井から無数の風船が降ってくる演出でファンを感動させ ましたが、今回は無数の風船を空に向けて放天。これも鳥肌もんの感動!

 

●さてこのあ とサザンのメンバー4人はディズニーのテーマみたいな曲が流れる中、リリーフピッチャーの車みたいなのに乗ってステージから真反対にある サブステージへ移動。ステージから一番遠いスタンド席の客は目の前にサザンがやってきてもう大興奮!我々の席はアリーナの後ろから2ブ ロックめだったのでかなりサブステージには近かったのですが、角度的に見にくい位置でした。そしてここでアコースティックセットで3曲。

 

※サブステー ジ

30.涙のキッス

31.チャコの海岸物語

32.夕陽に別れを告げて

●ここは正 直、よく見えないし、ステージの位置と音が聞こえる方向が反対なのでちょっと違和感あり、という感じ。でもサービス精神はよく理解できる ので、ファンも大声援を送ります。

3曲終わると またメインステージへ戻りますが、移動中客席の通路を通るので、我々も含めて近くの客は少しでも近くで見ようと大移動が始まります。人垣 であまりよく見えなかったけど、ほんの10mくらい先を桑田たちが通ってるんだか ら、そりゃ興奮するよね。

メンバーがス テージへ戻っている間、メインステージの大型ビジョンで、前もってファン投票が行われた「30周 年記念ライブで見たい曲ランキング」が発表されていました。覚えているのは1位 「真夏の果実2位「希望の轍」あと上位は「いとしのエリー」「Love Affair」「ボディスペシャII」 あたりだったこと。

さて、メン バーがステージへ戻ると、おもむろに次の曲が始まります。イントロですぐにわかりました。

 

※メインス テージ

33.いとしのエリー

34.真夏の果実

35.TSUNAMI

●この3連 チャンには言葉を失います。実は事前に作っていた予想セットリストでは♪TSUNAMIと ♪果実の連チャンというのはあったのですが、まさか♪エリーまでくるとは!しかしこんな名曲を続けて生で聞ける幸せというのは、横浜くん だりまでノコノコ出かけてきたことを感謝したくなる時間です。

桑田の歌は熱 唱とか普通の言葉では表せない、魂のこもった「凄い」歌でした。中でも、個人的には♪エリーに大感動。やっぱりこの曲は普遍的な良さを もった、日本のロックを代表する名曲だと思いました。

 

続く→