読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桑田佳祐と佐野元春

ブログ

Youtubeで見つけた。
https://www.youtube.com/watch?v=NT9zq4fbeA0
TBSラジオの「元春radio」という番組の録音。佐野元春爆笑問題のトーク。
この動画のタイトルは「佐野元春桑田佳祐との関係を語る:曲を一緒に作る日が・・・」

佐野元春桑田佳祐。同世代の2人の関係性はこれまであまり話題にもならないが、80年代半ばには同じステージを踏んだこともあるし、時々桑田さんのラジオで佐野さんのことが語られる日もある。なにより、2013年、2015年と、桑田さんは自身のラジオ番組「やさしい夜遊び」の年末特集で、佐野さんの曲をグランプリに挙げたりして近年も佐野さんの曲が好きなんだなと感じる次第。そんな二人がお互いをどのように感じているのか、というエピソードを2つ。

佐野さんが以前やっていたNHKの番組で、作曲家を招いて作曲について話し合ったりする番組「ソングライターズ」というのがあったが、そこでなんと桑田さんをゲストに呼ぼうと、佐野さんが桑田さんに手紙を書いたという事実!またそれが、桑田さんの「ふとした病」の最中だったこと。桑田さんからは分厚い手紙が届いたそうな。内容は、いろんな事情により今はお応えできないという断りの手紙だったそうだが、後で佐野さんは桑田さんの闘病のことをニュースで知ったのだそう。ちなみに、分厚い手紙の中身は、大きな文字で書かれていたからだった・・・。
この話は初めて明かされたのだそう。二人に手紙のやりとりがあったとは!もしこれが実現していたら・・・

84年、佐野さんは"SOMEDAY"の大ヒットのあと、単身ニューヨークにわたり"VISITORS"というアルバムを発表。ヒップホップの要素を取り入れた当時としては革新的な内容だったし、僕たちファンにもショックを与えるアルバムだったけど、サザンのメンバー全員でこのアルバムを必死で聴いていた。同世代で当時は人気を二分すると言っていいくらいの2組だったけど、それほどサザンも佐野さんを意識していたのか。確かにサザンもその後ロスアンゼルスで全編英語の"TARAKO"をレコーディングしたりと、アメリカ進出をもくろんでいた形跡がある。
この佐野さんの行動や作品がサザンに刺激を与え、"KAMAKURA"という、これもある意味革新的な作品につながる一要因となったとすれば凄い話だ。

佐野さんは「いつか桑田さんと一緒に曲をつくるなんてことはないのか?」という爆笑問題の問いに対し、「きっとあるんじゃないかな」と非常に前向き。実現したら、僕たちには言葉にならないほど嬉しい話だ。いつかそんな夢が実現するかもという希望があるだけでも生きる理由になると言ったら大げさか?いやそうでもない。