勝手にシンドバッド/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー!

祝!サザンオールスターズ40周年!

いろんな企画が展開されるのだろうけど、自分でも何かやりたいと思って、「勝手に全曲レビュー!」をやってみたい。発表年代順に。ということはまずこの曲から。

※ちなみにすべて筆者の主観・実感・記憶・推測に基づくもので、すべてが事実とは限らないのであしからずご了承ください。

アルバム「熱い胸さわぎ
      1978年 桑田佳祐22歳

 

1. 勝手にシンドバッド
言わずと知れたサザンの記念すべきデビュー曲。今考えるとこの曲から始まったというのは象徴的で、ロック、歌謡曲、ブラックミュージックとさまざまな要素が見事に集約されて一つの完全なる「ポップ」にまとまっている。つまりはサザン/桑田佳祐の創る音楽が全部詰まってると言ってもいいくらい。

デビュー曲としては当初「別れ話は最後に」が予定されていたらしいが、直前にこの曲ができて差替えとなったそうだ。もし「別れ話~」がデビュー曲だったら、サザンは今のような存在感でいられたかどうか?またもしかすると日本の音楽シーンは、またサザンに触発された多くのミュージシャン、一般人、もちろん僕の人生は、今のようだっただろうか?もしかするとこの曲が日本を変えた?

デビュー当時はこの曲と当時のサザンのテレビでの型破りなパフォーマンスから「コミックバンド」というレッテルを貼られ、そのイメージを払拭するため81年頃から80年代半ばまではライブであまり演奏しなかった。そんな皮肉も乗り越えて、今やライブでは最も盛り上がる曲になっている。自分も実はこの時代、ビリージョエルにハマっていて、都会的で正統派の洋楽に憧れる田舎の高校生だった。それからすると「なんだコイツらは!」とまさに不埒で邪道な奴らみたいなイメージがあって、当初はあまり好きではなかった。実は。

しかしこの曲が40年経った今年テレビコマーシャルで使われると誰が予想しただろう?しかも「ひたむきな青春」というCMのテーマに見事にハマっているのにまたビックリ!40年前はとてもそんなイメージの曲ではなかったのに。なんて曲だ⁉︎

ちなみに♪ラララ〜ラララという印象的なフレーズは、レコーディングの時に桑田さんは「スティービーワンダーみたいに」と表現したらしいが、これは“Songs in the key of life”の“Another star”を指していると思われる。

2013年の「茅ヶ崎ライブ」。♪江の島が見えてきた 俺の家も近い という部分を江の島の方を指さしながら歌う桑田さん。鳥肌が立った・・・

また、2016年だったか、東日本大震災から5年の節目に宮城県女川町で行ったアコースティックライブ(ラジオ「やさしい夜遊び」の企画)の1曲目で演奏されたこの曲にはぶっ飛んだ。この曲のアコースティックバージョンはもちろん初めてだったけど、ちょっとマイナーな感じの曲調が、この曲特有の疾走感の中に愁いをたたえ、独特の深みを与えている。まるでジプシーの祭りで歌われる、深い悲しみをたたえた魂の叫びがここにあるような。もっとテンポを落として、STINGあたりが歌ったらどうなるんだろう?って想像を巡らせてみたくなる。