ひょうたんからこま/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

ひょうたんからこま

シングル「JAZZMAN」カップリング

初の関口和之(ムクちゃん)作詞作曲・リードボーカル作品。前のシングルではギターの大森隆志の作品だった。

ムクちゃんのビートルズ愛がにじみ出たバラード。名曲!というわけではないけれど、この時期のサザンはおそらく学生バンドからプロのロックバンド、しかも誰も歩いたことのない道を歩み始めたという状況で、ひとりひとりがオリジナルを追及するという姿勢が必要だったのかもしれない。

間奏に桑田さんのレオンラッセルみたいな短い歌が入るが、これがいいアクセントになっていて結構聴きどころだったりする。