茅ヶ崎に背を向けて/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

5. 茅ヶ崎に背を向けて

 

桑田さんが生まれて初めて作ったオリジナル曲と言われている。当時どういう状況だったのかわからないけど、もしかするとプロを目指して、故郷を後に、みたいな決意があったのかも。

フォークロック的なアレンジにエリッククラプトンかレオンラッセルみたいなボーカルが乗っていい感じ。このアルバム全体に言えるけど、シンプルなアレンジと演奏が逆にパワーを感じさせる。今のサザンにはこういう曲はむしろできないのかな?

初の原坊とのデュエットという点でも注目の一曲。

茅ヶ崎ライブでぜひ聴いてみたい!

追記/2018年6月25日26日にNHKホールで行われた「2018キックオフライブ・ちょっとエッチなラララのおじさん」のオープニング曲で演奏された!やはりこの曲が原点、みたいな思いがあったようだ。このライブでは歌詞を一部変更して歌われた。

♪寂しいね、これから先 だって今夜はほらここで二人 → ♪うれしいね、また会えたね だって見慣れた顔久しぶりね など

また後半にオリジナルにはないパートが追加され、

♪Oh, Oh, Oh おかげさまで40年 ここは天下のNHK~♪

筆者は幸運にも25日のライブに参戦できたが、オープニングで聴いたこの曲のことは忘れないだろう。この曲を聴くたびにこのライブを思い出すだろう。