MUSIC TIGER/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

MUSIC TIGER

シングル「波乗りジョニーカップリング

2000年から2001年にかけて放送されていたテレビ番組「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER」のテーマソング。

シンプルなハードロックだが、ギター、ベース、ドラム、パーカッションすべて桑田さんの演奏によるもので、他には番組の相方ユースケ・サンタマリアの合いの手が入ってくらい。

歌詞の内容は内輪ネタっぽくて、あくまでも番組用という感じか。

黄昏のサマー・ホリデイ/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

黄昏のサマー・ホリディ

シングル「波乗りジョニーカップリング

桑田さんの成熟というか、若いころなら作りえない曲だと感じる。

ちょっとソウルっぽいアレンジでノレるのだけれど、歌詞はなんだか「死んだ蜥蜴」「ひなびた皮膚」「汗にまみれた下着」とかおよそポップソングの歌詞には似つかわしくない言葉が並ぶ。「波乗りジョニー」との対比を意識してかどうかわからないが、あえて「明るく楽しい夏」ではない「うらぶれた、黄昏れた夏」を描いている。

後半のストリングスのアレンジなどは最高。当時(今でもか?)よくストリングスアレンジを担当していた島健さんとこの頃からつきあいが始まった金原千恵子さん等の手腕が冴える。

波乗りジョニー/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

波乗りジョニー

2001.07.04 桑田佳祐45歳

ソロ6枚目のシングル 

今思えば、2000年秋にサザンでリリースされる予定だったのが延期されたというのがこの曲だったのか。ということは「波乗りジョニー」はもともとサザンの21世紀最初のシングルになるはずだった!?この年に大森隆志さんの脱退という事態が起こり、ソロ活動を余儀なくされた。

個人的にサザン~桑田さんのすべての曲の中でも1番に推したくなるほどの名曲!

明るさ、楽しさ、切なさ、前向きなパワー、美しさ、夏の輝き、胸のうずき、季節や心の移ろい・・・ポップソングのいいところがすべて詰まっている。メロディも歌詞もアレンジも奇をてらったようなところはないが、それだけに普遍的な価値を持つ、とにかく気持ちを明るく前向きにさせてくれる傑作。発売された2001年の夏はとにかく繰り返し繰り返し、ずっとこの曲を聴いていたのを思い出す。

お得意のスライドギターも弾きまくり、それだけでなくベースとキーボードまで桑田さんが自分で弾いているからびっくり。

またライブではとにかく盛り上がる盛り上がる!この曲がないと桑田さんのソロライブは終わらないというくらいに盛り上がる。ソロではとにかく殆どのライブで演奏されている。

願わくば、いつかサザンのライブで聴いてみたい。

いなせなロコモーション〈茅ヶ崎ライブversion〉/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

いなせなロコモーション茅ヶ崎ライブversion〉

シングル「この青い空、みどり~Blue In Green~」カップリング ※ただしアナログ盤のみ

当時CDと併せてリリースされたシングル「この青い空、みどり~Blue In Green~」のアナログ盤にだけこの茅ヶ崎ライブ音源が収録されるという超プレミアムな音源。それだけを目当てにこのアナログ盤を買った。

ライブでは1曲目「希望の轍」からこの曲へ、そして「みんなのうた」へ、というとんどもないオープニング3曲だった。自分はこのライブには参加できなかったが、当時確か(全部ではなかったけど)インターネットで生中継!みたいなことをやっていて、オープニングシーンで「希望の轍」が始まり身震いするような感動を覚えたのを記憶している。

そんなことを思い出させてくれる貴重な音源。

心を込めて花束を〈茅ヶ崎ライブversion〉/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

心を込めて花束を〈茅ヶ崎ライブversion〉

シングル「この青い空、みどり~Blue In Green~」カップリング

2000年の茅ヶ崎ライブはWOWOWだったかでオンエアされただけでDVDとかにはなっていなくて、公式に音源としてリリースされているのはこの曲だけ。ライブではアンコールのラストで歌われた曲で、「茅ヶ崎で生まれてよかったです!」という桑田さんの声も入っている。選曲としても、両親に向けた内容の曲だけに、自らのふるさと茅ヶ崎へ向けたメッセージとしてとらえることもできるだろう。

アルバムバージョンよりいっそう感動的で貴重な音源と言える。

また、当時はマキシシングルといって通常のCDサイズでのシングルリリースが増え、収録時間に余裕ができたからか、従来の「A面B面」をひきずったシングル2曲構成からこうして3曲~5曲ほども収録したシングルがリリースされるようになった。

昔のEP盤みたい?

チャイナムーンとビーフン娘/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

チャイナムーンとビーフン娘

シングル「この青い空、みどり〜Blue In Green〜」カップリング

関口ムクちゃん作詞原坊作曲という珍しい作品。ボーカルは原坊。

横浜の中華街を舞台にした女の子の物語で、なんとなくだけどNHKの朝の連続テレビ小説を見てるような気分になる。

歌詞に出てくる朝暘門とは中華街の一番大きな門のこと。

派手さはないが楽しめる曲で、中華街に行ってビーフンが食べたくなる。

この青い空、みどり〜Blue In Green〜/サザン40周年記念勝手に全曲レビュー

この青い空、みどり〜Blue In Green〜

2000.11.01  46枚目のシングル

時はまさに21世紀前夜。「TSUNAMI」の大ヒット、茅ヶ崎ライブの成功と新しい伝説を作ったサザンが21世紀に向かう宣言のような曲。もともとは別の、もっとポップでのりのいい曲をシングルとしてリリースする予定だったらしいが、20世紀最後のシングルとしてはどうかという話が出て、急遽この曲が作られたらしい。

その通り、エゴにまみれた人の営みを嘆き、愛や平和、青い空の尊さを歌う。サウンドはほとんど一発録りではないかと思わせるバンドサウンドの一体感が素晴らしい。曲のトーンは抑えめながら厚みと迫力のある演奏と桑田さんの熱のこもった歌が聴くもののココロに訴える。

20世紀から21世紀に思いを引き継ぐのに最適で、サザンのたくさんの曲の中でも特異な位置を占める名曲だと思う。

ただ残念ながらライブではほとんど演奏されていないし、このシングル以外企画アルバムにも収録されていない。もっともっと評価されていい曲だと思う。